• 事業再生
  • 破産

事業再生

体験者の声

映像製作/東京 (再生時間8分58秒)

「どの弁護士を選ぶかが大切」
「人間性,人格,信用できるかどうか」
「たった1年で再スタートが切れた。次のビジョンが見えてきた」

取引先の未入金があった。
銀行から早く返済してくれとという話になって
三ヶ月先くらいに資金がショートするのが見えていた。
このままつづけても結局、悪循環になる。もう会社を潰すしかない。

いろんな弁護士に相談した。
破産に特化した大手の弁護士もいたが,倒産に関して、流れ作業で事業を続けるとなると自分たちの専門外だと
複数のところの見積りをいただいて,どこもだいたい同じくらいの金額。
選んだ決め手というのは,会話したときの人間性、信用できるかできないか。

大竹弁護士は困っている社長さんに救いの道があることを伝えたいというモチベーションがあった。
ズルしたいとか、抜け穴を見つけたいとか,そういう話ではなく,
ちゃんと法に則って事業を継承できるというカタチを探させたいというハートを感じた

どう対応するか,どうやって処理していくのかを順序だてて一歩一歩ワークフローを説明してくれた。
最初に大枠こんな流れですよと,このタイミングで何があるということを、しっかり説明してくれたので,安心してできた。

大竹弁護士のいいところは,一番は人格だと思う。信用が出来るか出来ないか,弁護士の数がたくさんいる中でどなたとお仕事するのが一番安心できる。
自分が信用できるかできないか。法律は解釈の仕方が沢山ある。解釈を歪める方もいれば,どう解釈すれば依頼人を守れるかを考える方もいる。
どう解釈すればすり抜けられるかという考え方をする方もいる。そこに人格があらわれると思う。

守ってくれる方を信頼するのが一番いいと思う。
きちんと法的に正々堂々とやってくれる。それがないと結局、事業を継承したところで自分が何か後ろめたいことをしたとか思いながら事業継承はできない。
社長としてのあり方の部分でもある。そこを歪めてしまうと、事業継承したところで次の会社も成功しない。
ちゃんと正々堂々と事業を継承して仕事を続けたということが大事。
それを守ってサポートしてくれる方がどなたかというところで選んだ方がいい。

単純に映像だけでなく、別の事業も考えていきたい。新しいビジネスを考えながらやっていきたい。
今回の事業再生の流れがしっかりとできたから、次のビジョンが見える。
それがなかったら、会社も倒産して、仕事もなくなって再スタートを切るのに10年かかったかもしれない。
スムーズに1年ほどで、再スタートが切れるところまでもってきていただいたことに感謝しています。

詳しく読む

リフォーム専門工務店/埼玉 (再生時間7分47秒)

「今までのノウハウ、得意先を息子につなげたかった」
「最初の弁護士2名には断られてしまった」
「大竹弁護士は否定から入らない。プラス思考」
「息子に受け渡すことができました」
「良い結果になり本当に感謝しています」

社員への給料や銀行への返済,どうやって工面したらいいか毎日眠れなくて、悩んでいた。
申し込んでいた融資が出ないとわかり,どん底に落ちるような気持ちで悩んでいた。

今まで培ってきたもの,得意先もあるし,それを何らかの形で自分が退いた後に身内である息子にそれを繋げることはできないかと考えていた。
弁護士3人に相談した。最初の2人は「それは無理」と言われてしまった。

最後に行き着いたところが大竹弁護士だった。
「明るい倒産」という言葉が私にひっかかってなんだろうな、これは?という風にまず疑問が湧いてきて,お話だけは聞いてもらうかなという気持ちが強くなった。

大竹弁護士は「無理だ」とか「できない」とか,そういう否定から入らないで,まず肯定から入っていた。
どういう風にして,どういうところで悩んでいるのか,じゃあそれはこうすれば大丈夫だ、という風にひとつひとつ疑問に真正面から答えてくれて,プラス思考でそういう受け答えをしていただいたのは私にとって本当にプラスだった。

大竹弁護士を選んで良かったなという第一の私の気持ち。

大竹弁護士に依頼して,結果として,得意先もそのまま引き継いで息子の方に受け渡して,社員もひとり減らしたが,やっていけている形になった。

最初に私の気持ちを受け止めてくれた大竹弁護士の期待に応えるために私もサポートしながら息子が軌道に乗るようなところまでもっていければいいなと思っている。

気持ちが行動を規定していくのかなという感じ。いつもダメだダメだという風に思っていまう。
見方を変えて、こういう風にすればいけますよって言うような背中を押してくれるような人が身近にいれば絶対に先に望みを繋ぐことが出来る,
そういう気持ちを持っていくのが大切だと思う。

絶対に希望を捨てないように少しでも疑問を持ったら大竹弁護士のところに持って行けばこういうやり方もあるんですよという良いアドバイスも受けられる。諦めてはいけない。

(今日手続きも正式に終って) 本当に肩の荷がおりた。全部とは言わないが,これからの先が少し見通せるようになってきた。

(「明るい倒産」という言葉について)良い意味で、してやられたという感じ。これだけ言葉や気持ちの持ちようが人に力を授けてくれるんだなと。
私は騙されたと思って明るい倒産のサイトを見て,そして事務所を訪ねたのが結果として良い結果になり本当に感謝しております。

溺れる者は藁をも掴むとよく言われるが,大竹弁護士は頼りになる藁です。
まず悩む前に大竹弁護士の「藁」を掴んでみてはいかがでしょうか。
藁どころか、大きな船に救助されるような気持ちになれます。

自分で悩むのには限界がある。決して良い方向に、自分だけでは持って行けないと思う。
まず相談してみることで新しい視野が開けていくものだなと実感しました。

詳しく読む

事例紹介

美容院の店舗譲渡の例

営業収支はトントンでしたが,開店資金や運転資金のための融資の残高が2000万円以上,消費税も滞納していました。店舗の家賃も2か月分が払えていませんでした。

(株)ヘブン(仮称)は、「ビーナス四谷店」「ビーナス麹町店」(仮称)
という美容院2店舗を運営していました。
営業収支はトントンでしたが、開店資金や運転資金のための融資の残高が2000万円以上、消費税も滞納していました。店舗の家賃も2か月分が払えていませんでした。

社長の山田さん(仮名)は、「明るい倒産・事業再生」に相談して、店舗譲渡型の再建を決意しました。
義理の弟さんの協力を得て、彼が代表を務める(株)ユートピア(仮称)を設立し、
ビーナス2店を300万円でユートピアに譲渡しました。
美容院は1日も休まずに営業を続けており、お客様は経営主体が変わったことに気づきません。  
実は山田さんは、義弟に雇われてユートピアの管理職として給与を得てビーナスで働いています。  

そして、(株)ヘブンは、譲渡代金の300万円を手続費用にして自己破産手続をとりました。
破産管財人がヘブンの過去の経営状況や店舗の見分をして、
譲渡代金の300万円は不当ではないと判断し、破産手続は無事に完了しました。

詳しく読む

スナックの会社分割手続

郊外の駅前でスナック1店舗を経営している会社でした。しかし、都心のお店に顧客を奪われて、赤字が続いていました。

(株)ガールズ(仮称)は、郊外の駅前でスナック1店舗を経営している会社でした。
しかし、都心のお店に顧客を奪われて、赤字が続いていました。
そこで、社長の岡田さん(仮名)は、営業を止めて自己破産をすることを決意しました。
しかし、自己破産をする費用も、もうありません。
そこで、店舗を売却して、その代金を破産手続費用にあてることにしました。
ところが、スナックの場合、単なる営業譲渡では、営業が続けられません。というのは、
風俗営業法による許可がないと、営業できないからです。
もちろんガールズは営業許可をとっているのですが、
買主が営業許可をもっていないと、営業が続けられないのです。
さらに、買主が新たに営業許可をとることは法律上不可能でした。
近くに診療所ができてしまったのです。
ガールズが開店したときはなかったので、営業許可をえることができたのですが、
その後に診療所が近くにできました。
もはやそこで風俗営業の営業許可を得ることは法律上不可能なのです。
さらに、営業許可自体を譲渡することができません。

そこで、社長は「明るい倒産・事業再生」に相談して、会社分割手続を利用することを提案されました。
ガールズを会社分割により、店舗の営業と営業許可をA社に引き継がせ、残りの借金はB社に残します。そして、店舗を引き継ぐことになった買主に、A社の全株式を売却します。
このA社は営業許可ももっているので、
その買主は営業許可をもってスナックの営業を続けることができます。

岡田さんはその提案を受け入れ、その手続を依頼しました。
ガールズの会社分割手続をしたうえで、店舗と営業許可をもつA社と、
負債だけのB社に分けました。そして、A社の全株式を、
海田さん(仮称)に200万円で売却しました。
これによって岡田さんは破産手続費用を得ることができたので、
B社の自己破産手続を申請することができました。他方、海田さんは、
A社の営業許可に基づいてスナックの営業を引き継いで行うことができました。

詳しく読む