明るい倒産+事業再生を運営する弁護士法人レセラはプライバシーマークを取得しています。

プライバシーマーク制度は、日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

個人情報保護方針

弁護士法人レセラ(以下「当法人」)は、弁護士業務に携わる法人として、お客様その他関係者の皆様に安心・安全を提供するために、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業者に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進いたします。

1. 個人情報の取得・利用・提供・目的外利用の禁止

当法人は、個人情報の利用目的を明確にし、その目的に必要な範囲内において、公正かつ適正な方法で個人情報の取得、利用及び提供を行います。取得した個人情報は、利用目的の範囲内で適切に利用し、目的外利用を行わないための措置を講じます。

2. 法令、規範の遵守

当法人は、「個人情報の保護に関する法律」等の個人情報に関する法令、国が定める指針及びその他の規範について、その制定・改訂にも注意を払って遵守いたします。

3. 個人情報の安全対策

当法人は、個人情報の安全性と正確性を確保します。あらゆる個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失またはき損などの予防をするために合理的な安全対策を講じます。また、問題が発生した場合は、速やかに安全対策の是正を行います。

4. 苦情及び相談への対応

当法人は、個人情報に関する苦情及び相談に、合理的な範囲で適切な対応をいたします。

5. 個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善

当法人は、個人情報の保護に関する社内規程(個人情報保護マネジメントシステム)を定め、全ての従業者に周知徹底させるとともに、継続的に見直しを行い、維持・改善に努めます。

個人情報に関する相談窓口
弁護士法人レセラ個人情報保護係
TEL : 03-3512-0150

個人情報の取扱いについて

弁護士法人レセラ(以下、「当法人」といいます)に個人情報を提供するにあたっては、以下の内容についてご同意の上でご提供いただきますようお願いいたします。

1. 事業者名称

弁護士法人レセラ

2. 個人情報保護管理者の職名、所属及び連絡先

個人情報保護管理者:大竹夏夫(弁護士)
電話:03-3512-0150

3. 当法人の個人情報の利用目的について

当法人は、取得する個人情報を、下記の利用目的の範囲内に限定して取扱います。

  1. 1) 依頼者及び関係者の個人情報
    業務上の連絡
    契約の履行(サービスの提供等)
    当法人が取り扱うサービスに関するご案内、法律等の有益な情報の提供
  2. 2) 従業者の個人情報
    従業者の雇用管理(給与・税務管理、健康管理、年金・保険管理及び連絡等)
  3. 3) 採用応募者に関する個人情報
    採用情報等の提供・連絡及び採用業務
  4. 4) 監視カメラによる映像の個人情報
    防犯、防災に係る業務
  5. 5) 通話録音装置による音声の個人情報
    電話応対の品質向上
  6. 6) 上記に共通するお問い合わせ、ご相談、クレーム等への対応に係る業務

4. 第三者への提供について

ご本人の同意を得ることなく、業務委託先以外の第三者に個人情報を提供することはありません。 但し、法令による場合、及び生命、健康、財産等に重大な危険を及ぼす場合は除きます。

5. 個人情報の委託

業務の一部を外部に業務委託する際は、委託先についてはその業務遂行に必要な範囲に限定して、個人情報を適切に保護できる体制を敷き実行していることを条件に厳選し、機密保持契約を締結し、適切な管理・監督のもとで委託を行います。

6. 情報提供の任意性

当法人に対して、個人情報をご提供いただくかどうかはご自身で決めてください。 但し、ご提供いただけなかった情報によっては、利用目的に記載された内容が達成できない等の不利益が生じる場合がありますのでご注意ください。

7. 開示等の手続きについて

当法人は、ご本人からの開示対象個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止(以下、「開示等」という。)のご請求を受付いたします。開示等をご請求いただいた場合は、以下の方法で本人または代理人であることを確認させていただきます。

  1. ア) 本人による請求の場合
    ・運転免許証、パスポートなどの公的身分証明書類のコピー(有効期限内)
  2. イ) 法定代理人による請求の場合
    ・法定代理人本人であることを確認するための書類
    (法定代理人の運転免許証、パスポートなどの公的書類のコピー等)
  3. ウ) 任意代理人による請求の場合
    ・当法人所定の委任状
    ・本人の印鑑証明書
    ・任意代理人本人であることを確認するための書類
    (任意代理人の運転免許証、パスポートなどの公的書類のコピー等)

その他、開示等のご請求の具体的な手続きにつきましては、
下記の窓口までお問い合わせください。

8. 個人情報の取扱いに関するお問い合わせ先

弁護士法人レセラ個人情報保護係
電話:03-3512-0150