絶望・・・それでも店舗を残す方法がある。

2020.04.19

 

事業再生弁護士の大竹夏夫です。

 

コロナウイルス感染症により,全国で緊急事態宣言が発令されました。

店舗,とくに飲食店は,売上が9割程度もダウン,休業されているお店も少なくありません。

 

コロナウイルス感染症対策緊急融資がありますが,仮に融資を受けられたとしても,

1〜2か月であっという間になくなってしまいます。

 

6月になって売上が回復すればまだ何とかなるかもしれません。

しかし,そのころにコロナウイルス感染症が6月に治まると考えるのは,

現実的ではないかもしれません。

 

6月以降も今の状況が続くとなると,お店を維持できません。

休業していたとしても,家賃はかかります。家賃が払えず,閉店せざるを得ない。

そして,破産するしかない。

多くの飲食店経営者の方が,そう考えておられます。

 

ですが,私たちが行っている「ヤドカリ式事業再生メソッド」を使えば,

店舗を残しながら,借金や滞納税金をゼロにできます。

 

この絶望的な状況のなかで,大切な店舗を残せるかもしれません。

是非,この仕組みを知っていただき,解決策のひとつに加えていただきたいと思います。

 

明日,4月21日(火)19時00分から,ヤドカリ式では初めてのオンラインセミナーを開催いたします。

90〜120分程度,お話いたします。

通常は参加費2,000円なのですが,当面の間無料にいたします。

是非ご参加ください。

 

お申し込みはこちらをクリックしてください。

https://akaruitousan.com/apply-seminar/

※日程の選択肢に4月30日以降も表示されますが,まだ準備中で受付できません。近日中に受付を開始いたします。